貸し出す金利

金利が上がった場合も同じように、大きな影響はありません。
しかし、消費者金融は「預金者」というものがありません。消費者金融は銀行などの金融機関から資金を借り、そしてその資金を貸し出すことを行うのです。ですから、市場全体の金利が低ければ資金調達コストを低く抑えることができるのです。金利が上がれば、貸し出す金利を上げてもよいのですが、上限金利に触れる可能性があるために、無制限に挙げることはできないのです。

http://www.miwaterweb.org/プロミス無職借入【誰でも借りれるって本当?】

このブログ記事について

このページは、pjが2014年3月26日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜワキ脱毛がこんなに人気なのか」です。

次のブログ記事は「総量規制」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。